【☆人気のジューン・ブライド☆】

《ジューン・ブライド》の由来ですが、元々6月の[June]はローマ神話のユピテル(ジュピター)の妻ユノ(ジュノー)から取られました。ユノが結婚生活の守護神であることから、6月に結婚式を挙げると幸せになれるといわています。
 また、ヨーロッパには梅雨がなく6月は1年の中で最も晴天が多い月で、気候なども結婚式をするのに適しています。

また「復活祭」が行われる月でもあり、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えがジューンブライドの由来、とされる説もあります。

是非、参考にしてくださいね(^_-)-☆

6162